補助生殖医療の費用について(令和1.10.1より、令和3.4.1改定)

補助生殖医療は自由診療で保険適応がないため、治療に係る費用は全額自己負担となります。
また、成功報酬ではなく、治療周期に実施した下記の各技術の合計の他に、
諸検査・薬剤・消耗品等の費用も別途必要となりますのでご了承ください。

表示価格は全て税込金額です。

1.受精・培養・胚移植の費用

採卵 ¥27,500
体外受精・初期培養 卵子4個まで ¥132,000
卵子5個以上 ¥165,000
胚移植 ¥132,000
胚移植 同一周期内2回目(2STEP) ¥66,000

2.追加技術の費用

顕微授精 卵子4個まで ¥49,500
卵子5個以上加算 1個につき ¥11,000
後期培養(胚盤胞培養) ¥44,000
卵子孵化補助(Assisted Hatching) ¥44,000
精巣精子採取 ¥220,000

3.凍結・解凍の費用

胚・卵子凍結 胚・卵子4個まで ¥44,000
胚・卵子5個以上 ¥66,000
凍結胚・凍結卵子解凍 ¥38,500
精子凍結 ¥16,500
凍結精子解凍 ¥13,200
凍結胚・凍結卵子保存維持管理 ¥5,500/月
凍結精子保存維持管理 ¥3,300/月

4.消耗品の費用

採卵針・採卵用培養液 ¥6,600
初期培養用培養液 ¥38,500
後期培養(胚盤胞培養)用培養液 ¥38,500
胚移植カテーテル・胚移植用培養液 ¥22,000

5.治療費用の計算例

医療費 + 消耗品費
採卵1個→移植(初期胚)1個 291,500 + 67,100
採卵1個→凍結(初期胚)1個 203,500 + 45,100 +(*1)
採卵1個→顕微授精→凍結(初期胚)1個 253,000 + 45,100 +(*1)
採卵1個→胚盤胞培養→移植(胚盤胞)1個 335,500 + 105,600
採卵1個→胚盤胞培養→凍結(胚盤胞)1個 247,500 + 83,600 + (*1)
採卵2個→うち1個移植(初期胚)→胚盤胞培養 →凍結(胚盤胞)1個 349,500 + 105,600 + (*1)
採卵2個→顕微授精→うち1個移植(初期胚)→胚盤胞培養
→凍結(胚盤胞)1個
429,000 + 105,600 + (*1)
凍結卵移植(ホルモン補充周期)
凍結卵を解凍し移植
170,500 + 22,000 + (*1)
凍結卵移植(ホルモン補充周期)
凍結卵(初期胚)を解凍、胚盤胞培養し移植
214,500 + 60,500 + (*1)

(*1) 凍結胚・卵子保存維持管理費が加算されます。

6.お支払い方法について

当院窓口での現金会計か、郵便現金書留にてお願いします。
振込みはできませんのでご了承ください。

7.特定不妊治療費助成制度について

現在、各地方自治体毎に特定不妊治療費の助成制度が設けられています。
各自治体によって助成制度が異なりますので、申請に関する条件や内容を、
お住いの自治体にご確認の上、当院受付までご相談ください。

費用に関してご不明な点やご質問などございましたら、受付までお問い合わせください。
TEL. 0761-23-1555