コロナの意味を調べるとラテン語で(王冠:クラウン)を意味する。と表示されます。次に

    太陽のコロナ:太陽大気の最外層で、皆既日食の際に黒い太陽の周りを取り巻く真珠色に淡く輝く部分を表します。と説明があり、さらに続いて時季的に新型コロナウィルスの説明へ進みます。が、このHP上ではもっとも大切なものとして、

②  卵子のコロナ(corona rediata):多くの微細な細胞突起を持って放射状に配列していることから敬意を表し、放射冠と呼ばれる様になりました。

③  新型コロナウィルス:表面に約20nmの特徴的な突起がありその見た目が王冠によく似ていることからコロナという名前が付きました。

 👑コロナはマイナスな意味ではなくむしろ高貴な輝かしいプラスのイメージが多いです。

 太陽のコロナ  卵子のコロナ   新型コロナウィルス

 太陽.jpgのサムネール画像  卵子のコロナ.png  新型コロナウィルス.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


太陽のコロナは、最外層に位置し約100万度の大気ガスであるので、存在しなければ太陽は輝かなければ放熱もしないため、地球上の生物は生きてはいけません。また、卵子のコロナは卵子細胞群の中で直接卵子を囲んでいる最内層に位置し、成熟・受精・胚発生に大きく関わり重要な役割を担っています。さらにウィルスのコロナも表面にあるスパイクのような形状のSタンパク質が人の細胞表面のタンパク質と結びついて感染するとされています。


全てにおいてコロナは重要な存在にあります。ですが、新型コロナは政治・経済・文化・スポーツ等において全てを足踏み状態にしてしまいました。しかしその反面では、生活様式の変化から工夫や発見また感謝と思いやりの精神、発想の転換などから私達は知らないうちに精神と頭脳を鍛えさせられていたのかもしれません。


見た目や形、思い入れ、希望等で名前を付けてもその後の生き方(働き)で名前の価値や印象は180°変わってしまいます。


それぞれが生まれてから生涯を閉じるまで呼ばれる一生ものの名前について、価値が上がらないまでも下がる事のないようにしなければいけない!とふと思いました。まず手始めにコロナに負けないように力を抜いて頑張りましょう。


先日 バラ園に行ってきました。

爽やかな風が吹き、天気も良かったので

のんびりと鑑賞することができました。

色鮮やかなバラを見ていると心が癒されますね。


6月2日は 6と2で「ローズの日」、

「ありがとう」と、感謝を表す日だそうです。


私もいつも支えてくれている家族に日頃の感謝を込めて、

ありがとう!と伝えたいと思います。
DSC_0044.JPG
DSC_0045.JPG


新緑が美しい暖かな季節になりましたが、まだまだ油断ができない日が続いています。
(5月のこの時期、暖かい日が続いた後の寒い日を「若葉寒」と言うそうですよ)
そんな中でもゆったりと心穏やかに過ごしていけたらいいですね。
私は自宅のネコに癒されてます。

20200522_183705.jpg
20191230_155252.jpg

桜の花は散ってしまいましたが、初夏の香りを感じる季節が近づいてきました。
たくさんの可愛い花が咲き、もうすぐ5月ですね。
image5.jpeg
image2.jpeg


世界的に大変な状況です。自粛ムードが続く中ストレスがも溜まってくると思いますが、
体調管理に十分気をつけながらお過ごしください。

新年度に入りました。

 

本来であれば 入学式に入社式と 新たな出発におけるおめでたい行事がいっぱいの この時期なのでしょうが・・・今年は世界中を巻き込んだ新型ウィルスの影響で、当たり前が当たり前じゃない状況下にさらされています。

 

そんな中でもクリニックの敷地内のさくらは今年もしっかり「華」を咲かせてくれました。

 

  IMG_3170.jpg

やっぱりこの時期にさくらを見ると気持ちが前向きになります。

 

なんとなくうつむき加減になる昨今ではありますが、自己防衛をしっかり行いながらも

元気な思いで進んでいきましょう!

 

新たにスタートをきられた皆さん、ほんとにおめでとうございます!

小松市にある芦城公園へ行ってきました。

芦城公園には、桜の木が沢山あり4月になるとお花見で賑わいます。

他にも沢山の木々があったり、鯉が沢山泳いでいる池があったりと四季を感じられる素敵な場所です。

暖冬で桜の開花が早いと言われているので、咲き始めているかもと思いましたが、

さすがにまだ咲いていませんでした。

今、咲いていたのは可愛らしい 梅の花 でした。

桜が満開になる頃にまた訪れたいと思います。

IMG_5193000.JPG


IMG_5207777.JPG

今年も早いものでもう3月になります。
北陸地方も暖冬の影響で降雪も少なく、過ごしやすい日々が続いておりましたが、
最近は新型ウイルスの問題でそれどころではなくなってしまいました。
しっかり自己防衛を行うことや、十分な睡眠・栄養補給で免疫力のアップも大切なことですね。


この時期晴れた日の「霊峰」白山です。
頂きに雪をかぶり、素晴らしい姿を見せてくれます。
そんな日は気分もスーツと晴れます。免疫のアップに繋がっていると思います。
今をしっかり乗り越えて行きましょうね。
IMG_3830.JPG

3月末から4月にかけては「サクラ」の季節です。
皆さんが笑顔で春を迎えられますように願っています。

2020年2月13日に北陸大学にて現在医療保健学部3年次生を対象とした病院・企業研究会に当院も参加してきました。

北陸大学ではこの学部は今年度の卒業一期生になるそうです。

臨床検査技師、臨床工学技士の国家資格を取得して医学に貢献するために、日々頑張っている方々が就活に向けて興味を持っていただけたらと、当院の仕事(胚培養士)について紹介させて頂きました。

最初、学生さんた達が緊張した面持ちでしたので、私たちも緊張して顔が強張っていたかもしれません

今年は稀にみる暖冬ですね
過去60年間で最少の積雪量とのことで、
一昨年の豪雪が嘘のようです。

当院では遠方から通院されている患者さんも多いので、
雪はなるべく少ない方がいいなぁ・・・というのが本音ですが
ウィンタースポーツが好きな方には、少し寂しいですね(._.)

とは言え、寒さはまだしばらく続きそうなので、外出する際には
マスクと手洗いを忘れず、皆様ご自愛下さい(*^-^*)
image0.pngのサムネール画像

今年は暖冬(?)と言われていますが、やはり師走。
出勤前には車の暖機が必要になってきました。


12月に入り、院内ではスタッフが協力しながら大掃除を進めています。
来院される方に気持ち良く過ごしていただけたらいいな・・・・と思っています。


令和元年も残り数日となりました。
皆さまにとって令和2年も素晴らしい年でありますように
心よりお祈り申し上げます。


IMG_3210.jpg

カテゴリー
アーカイブ