今年はコロナウイルス感染症の流行により、世の中の生活様式が一変し、「ソーシャルディスタンス」や「3蜜回避」など、人とのコミュニケーションにおいては少し寂しい年になりましたね。

そんな気持ちを少しでもリフレッシュできれば・・・と、先日能登の内浦までドライブに行ってきました。( もちろん感染対策に配慮しつつですが(^^; )
およそ20年ぶりに訪れた「恋路海岸」は、何も変わることなく穏やかに時が流れていました。
早くコロナウイルスが沈静化して、大好きな道の駅巡りが楽しめますように☆彡と、弁天島の赤鳥居にお祈りしてきました(^^)

鳥居.jpeg
とは言え、最近は再び感染された方の人数が上昇傾向にあります。
これから年末に向けて寒さも厳しくなり、体調を崩しやすい時節がやってきますので、皆様くれぐれもご自愛くださいね。

暑かった夏も終わり、日々過ごしやすくなってきましたね。
でもここ最近は急に寒くなり、冬の訪れを感じ始めています。
季節の移り変わりは早いものですね。

最近石川県内では、人の生活圏への熊の出没をニュース・新聞などで、頻繁に目にするようになりました。
今年は山間部で木の実が不作で、エサを求めて熊が人里に降りてくるのでしょうか?
人による、環境破壊の影響もあり、自然との共栄共存を提起されているような気がします。
難しい問題ですね。


季節の変わり目は体調を崩しやすくなります。まだまだコロナ禍の世の中ですが、皆様ご自愛のうえ、毎日をお過ごしください。




11012001156.jpg





publicdomainq-0010121aytlbk.pngのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 今年はコロナにより、これまで何気なく行ってきたコミュニケーションが、ソーシャルディスタンスをとり、マスクやフェイスシールドを着用あるいはビニールシート越やインターネットを介してなど、今までと全く違う生活様式を強いられ、治療以外でも強いストレスを感じているのではないでしょうか? 私は、ストレスを軽減するために会話(対話)や笑顔が重要だと考えます。
 現在の新しい生活様式下では、これまでの様なコミュニケーションは少し難しいですが、笑顔を心掛けることは可能です。「笑う門には福来たる」と言うことわざの通り、笑顔には数多くのプラス効果が秘められています。

皆さんは笑顔がもたらす効果をご存知ですか?
1.笑顔がもたらす最大の効果
 ★笑顔は幸せを引き寄せる ★笑顔が幸福感を上げる
2.笑顔が身心に与える効果
 ★精神が安定する ★免疫力が高まる ★リラックスできる
 ★集中力が高まる ★カロリーを消費し健康的になる
 ★ポジティブでおおらかになる
3.笑顔が仕事や人間関係にもたらす効果
 ★人を引き寄せる ★相手がリラックスできる
 ★人間関係をスムーズにする ★仕事の生産性が上がる
 ★周りの空気を変える ★サポーターが増える
4.笑顔になれる方法
 ★鏡を見て練習する ★コメディを見る時間をつくる
 ★ポジティブな感情を声に出すようにする
これらは医学的に裏付けされた効果です。
コロナ禍で気持ちも滅入りがつだと思いますが、ぜひ試してみてください。          



明日から9月に入りますが、まだまだ暑い日が続いています。
今年はコロナ禍により、各地で夏の行事が中止され、寂しい想いをされた方も多いのではないでしょうか。
そんな中、片山津温泉では恒例の花火が8月末まで行われています。
先日、車中からですが花火を見ることができ、少しですが夏を感じるとことができました。
皆さん、コロナや残暑が続きますが、どうかご自愛くださいね。
1598850343674.jpg

梅雨の長雨が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は春先から新型コロナウイルスにより世の中が大変な状況に陥っておりますが、
更に九州地方の大雨災害など心痛む様々なことが起きています。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

雲間から太陽が顔を出す時間も少なく気が滅入りがちになりますが、一人ひとりがしっかりウイルス対策を行い、体調管理を万全に乗り切っていきましょう。


我が家の藤の花です。
花言葉は「やさしさ」「歓迎」です
この思いを大切に・・・
20200725_073109.jpg

コロナの意味を調べるとラテン語で(王冠:クラウン)を意味する。と表示されます。次に

    太陽のコロナ:太陽大気の最外層で、皆既日食の際に黒い太陽の周りを取り巻く真珠色に淡く輝く部分を表します。と説明があり、さらに続いて時季的に新型コロナウィルスの説明へ進みます。が、このHP上ではもっとも大切なものとして、

②  卵子のコロナ(corona rediata):多くの微細な細胞突起を持って放射状に配列していることから敬意を表し、放射冠と呼ばれる様になりました。

③  新型コロナウィルス:表面に約20nmの特徴的な突起がありその見た目が王冠によく似ていることからコロナという名前が付きました。

 

カテゴリー
アーカイブ